日誌

校長挨拶11月
2017/11/06

校長挨拶11月

| by web担当K

校長挨拶

 

                         北海道釧路明輝高等学校長 藤 井 一 志

 

 ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

  早いもので10月が終わりました。3年次生にとっては、将来を決定する大切な時期であり、就職試験や進学の推薦試験に向け、それぞれが懸命に取り組んだ1箇月でした。また、2年次生は最大の行事である見学旅行を無事に終了しました。歴史や文化などについて見聞を深め、ひとまわり成長したように思います。

 11月の到来です。今月は8日から中間考査を実施します。日常の授業や家庭学習の成果をしっかりと発揮するとともに、考査を通じてこれまでの学習の在り方をチェックし、改善すべきは改善してほしいと思います。特に、3年次生にとっては、今学んでいることが今後の進路を決めていく大きな力になります。粘り強く学びながら、自分の夢や希望を達成してほしいと思います。

 また、11日(土)10時から、12(日)10時からは、本校において、愛国地域うるおい学習推進委員会の主催による「愛国うるおい学習文化祭」が開催されます。愛国児童センター、豊川幼稚園、愛国小学校、景雲中学校、本校の幼児、児童、生徒によるステージ発表や、地域の方々の書道、絵画、手芸などの作品展示が行われますので、是非お越しください。

 さて、先日釧路市内で開催された全国公民館研究集会北海道大会に、本校の3年次生8人が参加し、これからの地域の経済や教育、住民自治と公民館の関わりなどについて学んできました。自分たちの住んでいる街や地域に目を向け、若者の立場から今後の地域の在り方などについて考えを深めることは、非常に意義深いことであり、参加した生徒の皆さんの学ぶ意欲を讃えたいと思います。こうした、地域の方々や地域の教育資源を活用した学びは、生徒の思考の幅を広げる有効な機会であると考えており、引き続き、地域の皆様に支えていただきながら、生徒の学びのチャンスを広げていきたいと思います。

 昨年創立10周年を迎えたばかりの歴史の新しい本校ですが、これまでの取組の成果を踏まえつつ、時代の変化に対応し、総合学科のよさを最大限に生かした学校づくりを進めてまいりますので、保護者や地域の皆様、ホームページをご覧の皆様には、今後とも、本校の教育活動にご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 


08:06