日誌

校長挨拶1月
2018/01/16

校長挨拶1月

| by web担当K

 

校長挨拶

 

                                北海道釧路明輝高等学校長 藤 井 一 志

 

 ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

  昨年中は本校教育活動の推進にご支援、ご協力をいただきお礼申し上げます。本年も変わらぬご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 さて、年も改まり、生徒にとっては年度の締め括りの時期でもあります。学習活動や部活動など、それぞれ年次のまとめをしっかりと行い、次のステップに向けて力を蓄えてほしいと思います。

 特に3年次生にとっては高校生活もあとわずかとなりました。就職や進学など、それぞれの道に進んでいくことになりますが、いずれの道を行っても、「変化に対応し、主体的に物事に取り組み、課題を解決する力や姿勢」が求められます。こうした力や姿勢は、本校のキャリア教育の中で身に付けてきたものですので、自信を持って挑戦し続けてほしいと思いますし、やりたいことは何なのか、やれることは何なのか、そしてやるべきことは何なのかを改めてよく考え、将来を設計してほしいと思います。

 2、1年次生は日々の授業や家庭学習を大切にしつつ、仲間の立場や思いを尊重し協力しながら、釧路明輝高校の一員としての自覚を持って学校生活に取り組んでほしいと思います。

 1月は、2728日の2日間、釧路芸術館において文化系部・局の発表の場として「MEIKIART WAVE」を開催いたします。是非足を運んでいただき、多くの皆様に激励いただければ幸いです。詳細はホームページをご覧ください。

 昨年創立10周年を迎えたばかりの歴史の新しい本校ですが、これまでの取組の成果を踏まえつつ、時代の変化に対応し、総合学科のよさを最大限に生かした学校づくりを進めてまいりますので、保護者や地域の皆様、ホームページをご覧の皆様には、今後とも、本校の教育活動にご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 



18:56