日誌

校長挨拶6月
2018/06/11

校長挨拶6月

| by web担当K

校長挨拶

 


                           北海道釧路明輝高等学校長 藤 井 一 志

 

 ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

  寒さの厳しい釧路にもようやくやわらかで暖かい風が吹く季節となりました。

  6月の第2週には前期中間考査を実施しました。1年次生にとっては高校生活はじめての考査、3年次生にとっては今後の進路を決定していく上で大きな意味を持つ考査であり、生徒のみんなはそれぞれが全力を尽くして臨んだものと思います。

 どうしても結果が気になるところですが、結果に一喜一憂することよりも、なぜそのような結果になったのかを自己分析し、授業への取り組み方や家庭学習の在り方を見直す機会にしてほしいと思います。そうしたことを着実に行うことにより、真の実力が身に付いていくものだと思います。高校時代に、時を逃さず一生懸命学習したことは、自らの将来を切り拓いていく原動力となります。今この時を無駄にしないで学習に取り組んでほしいと思います。

  また、新年度も3ヶ月目に入り、生活のリズムが不規則になる時期でもあります。有意義な学校生活を送ることのできるよう、いったん立ち止まってそれぞれの生活をチェックし、規則を守り生活のリズムを整えてほしいと思います。

 今月に入り、学校説明会で管内のいくつかの中学校を訪問しました。いずれの中学校でも、皆さん説明を真剣に聞いてくれました。中学3年生にとっては、受検を控え、次第に緊張感が高まってくる1年でありますが、健康に気を付け、しっかりと着実に準備を進めてほしいと思います。皆さんの健闘を心からお祈りします。

 開校12年目の新しい学校ですが、総合学科のよさを最大限に生かした学校づくりを進めてまいりますので、保護者や地域の皆様、ホームページをご覧の皆様には、今後とも、本校の教育活動にご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

【校訓】

  輝ける挑戦者たれ

【学校教育目標】

  未来の扉を開く、創造性豊かな人間の育成

【学校概要】

  総合学科高校として、生徒の興味・関心や進路希望等に応じ、さまざまな教科・科目、独自の学校設定科目を設けるなどして多様な学習ニーズへ対応するほか、1年次の科目:産業社会と人間、及び2・3年次の総合的な学習の時間において、ライフプランの作成や探究活動、卒業研究など系統的なキャリア教育を実施し、生徒の進路実現、自己実現を支援している。


18:18