日誌

校長挨拶10月
2018/10/02

校長挨拶10月

| by web担当K

校長挨拶

                                                                                                        北海道釧路明輝高等学校長 藤 井 一 志

 ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
  先月開催しました地域清掃では、多くの方に御参加いただきましたことにお礼申し上げます。
 早いもので、前期が終了し、平成30年度も後半に突入します。前期の学習・生活状況を振り返りながら反省し、後期に向けてより一層充実した学校生活となるよう、気持ちを切り替える区切りの時です。
 勉学の秋、スポーツの秋、芸術の秋といった言葉があるように、秋はさまざまなことにチャレンジし、幅広い教養を身に付ける絶好の季節です。日々の授業や家庭学習はもちろんのこと、興味・関心のあることをとことん追究してほしいと思います。
 1年次生にとっては、次年度の科目選択に係る面談等をとおして、自らの将来や進路をじっくりと考える秋。2年次生にとっては、高校生活最大の行事である見学旅行が実り多いものとなるようしっかり準備・行動する秋。3年次生にとっては、力を尽くして自らの進路を切り拓いていく大切な秋、となります。それぞれの年次が目標をしっかりと見定め、着実に取り組んでほしいと思います。
 先月は、学校説明会で管内の多くの中学校を訪問しました。その際「主体的に勉強することの大切さ」「コミュニケーション能力など社会で求められる力を身に付けることの大切さ」などをお話ししましたが、どの中学校でも生徒の皆さんが真剣に話を聞いてくれ、うれしく思いました。こうした大切なことを大切と思い努力することは、中学生の皆さんのみならず、本校生徒あるいは私たち大人も常に意識していく必要があることなのではないかと思います。
 創立12周年を迎えたばかりの歴史の新しい釧路明輝高校ですが、これまでの取組の成果を踏まえつつ、時代の変化に対応し、総合学科のよさを最大限に生かした学校づくりを進めてまいりますので、保護者や地域の皆様、ホームページをご覧の皆様には、今後とも、本校の教育活動にご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


【校訓】  輝ける挑戦者たれ  
【学校教育目標】  未来の扉を開く、創造性豊かな人間の育成
【学校概要】 総合学科高校として、生徒の興味・関心や進路希望等に応じ、さまざまな教科・科目、独自 の学校設定科目を設けるなどして多様な学習ニーズへ対応するほか、1年次の科目:産業社会と人間、及び2・3年次の総合的な学習の時間において、ライフプランの作成や探究活動、卒業研究など系統的なキャリア教育を実施し、生徒の進路実現、自己実現を支援している。
07:45