日誌

校長挨拶6月
2017/06/02

校長挨拶6月

| by web担当K


校長挨拶

 

                                         北海道釧路明輝高等学校長 藤 井 一 志

 

 ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

  肌を刺すような冷たい風が吹いた5月が過ぎ、ようやくやわらかで暖かい風が吹く季節となりました。

  5月には、高体連、高文連の地区大会が行われ、本校では、バスケットボール部、ソフトテニス部、柔道部、剣道部、陸上部、ハンドボール部、卓球部、空手道、放送局が全道大会の出場権を獲得しました。これまでのひたむきな努力が報われての全道大会出場を祝福したいと思います。また、惜しくも全道大会出場に手の届かなかった生徒の皆さんも、これまでの練習で身に付けた自信や、最後までやり抜く粘り強い気持ちを大切にして、それぞれ次の目標にむかって頑張ってほしいと思います。

  各大会に足を運んでいただき、ご声援をいただきました保護者や地域の皆様に心からお礼申し上げます。

 さて、6月の第2週には前期中間考査を実施します。それぞれの年次ではじめての定期考査になりますので、これまでの学習の成果をしっかりと発揮してほしいと思います。またこの機会に、改めて、家庭学習の在り方を見直し、その充実を図ってほしいと思います。高校時代に一生懸命学習して身に付けたことは、自らの将来を切り拓いていく原動力となります。今この時を逃さないように学習に取り組んでほしいと思います。

  また、有意義な学校生活を送ることのできるよう、規則を守り生活のリズムを整えることも大切です。年度がはじまって2箇月が経ちましたので、いったん立ち止まってそれぞれの生活をチェックしてほしいと思います。

 昨年創立10周年を迎えたばかりの歴史の新しい釧路明輝高校ですが、これまでの取組の成果を踏まえつつ、時代の変化に対応し、総合学科のよさを最大限に生かした学校づくりを進めてまいりますので、保護者や地域の皆様、ホームページをご覧の皆様には、今後とも、本校の教育活動にご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 


11:39