日誌

校長挨拶8月
2017/08/04

校長挨拶8月

| by web担当K




校長挨拶

 

                                 北海道釧路明輝高等学校長 藤 井 一 志

 

 ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

  早いもので7月も終わり、夏休みに入りました。学校では、進学に向けた講習や、新チームの体制づくりに向けた各部活動の実施など、生徒も先生方も、時間を惜しんで全力で頑張っています。

 夏休み前の全校集会では、次のような話をしました。             

 
  ○ 地域の方から、日頃の頑張りが認められて「元気に挨拶してくれる」「部活動を頑張っている」など、たくさんのお褒めの言葉をいただいており、大変嬉しいこと。

 ○ 一方で、「バスの乗車マナーが悪い。」といったお叱りを受けたり、スマートフォンやSNSの誤った使い方でトラブルになるケースもあったこと。

 ○ 間違いは謙虚に反省し、同じ間違いを繰り返さないようにしなければならないこと。そのためには一人一人の自覚が大切であること。

 ○ 学校には、夏休みなどの区切りがあり、それを活用して振り返りができること。

 ○ 振り返るときには、まずはKeep、そしてProblemTryが大切であること。

 ○ まずは、良かったことを見つけ、それを続けること(Keep)が大切であり、次に、反省点(Problem)があれば、その対応策を立てて行動(Try)すること。

 ○ 夏休み中に、4月からの4箇月間を振り返って、まずは、良かったところを見つける(Keep)ことから始めてほしいこと。        
 
○ 命を大切にし、交通事故や水に係る事故など、決して事故のないよう、十分気をつけること。

 ○ 規則正しい生活を心がけ、計画的に勉強すること、特に3年次生には、今後の自分の進路と正面から向き合って果敢に取り組むこと。

 生徒の皆さんには、それぞれ目標を持って、充実した夏休みを過ごしてほしいと思います。

 保護者の皆様や地域の方々には、4月からここまで本校の教育活動に様々なかたちでご支援を賜りましたことを心より感謝申し上げます。

 昨年創立10周年を迎えたばかりの歴史の新しい本校ですが、これまでの取組の成果を踏まえつつ、時代の変化に対応し、総合学科のよさを最大限に生かした学校づくりを進めてまいりますので、保護者や地域の皆様、ホームページをご覧の皆様には、今後とも、本校の教育活動にご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 


15:37